読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この恋はまだ2人だけの秘密だから

ツイッターだけじゃ物足りないの。

わたしが10年以上好きだった自担から担降りした話

 

 

 

初めまして。

 

なんだかちょっと、なが〜〜い文章を書いてみたくなって、なんとなくなんとなく、誰が読むわけでもないブログを始めてみました。

興味なんてなくて当然、わたしの過去のお話。読まなくていいです、スクロールしまくってください。

 

では、いきますねー。

 

 

 

わたしは小学生の頃から10年以上、国民的スーパーアイドル櫻井翔くん!!!を応援してました。

今現在大学3年生(絶賛就活中)なのですが、大学に入ってお金と時間を手にしたオタク、つまりわたしは以前よりも必死に櫻井翔くんを追いかけました。

北は北海道から南は福岡まで。

5大ドームツアーとあらばとことん追いかけて遠征しまくり❤❤な、まあまあがっつり頑張ってたオタクでした。

 

昨年のあゆはぴ♪も、6回かな?入りました!

コンサートは多ステ多ステ多ステ!思考の本当にどうしよもないと自覚してるオタクなんです、番協にも何度か行ったりしてます。来いよ!と言われたら前日でも当日でも関わらず、飛び立ってしまうフットワークの軽さだけが自慢のオタクなんです。(当方愛知県住み)

 

 

そんなクソ櫻井担のわたしが、昨年2016年の夏。

運命を大きく変える人に出会ってしまったのです。

 

 

 

 

〜強火櫻井担、横尾渉に出会う〜

 

 

 

 

きっかけはなんとな〜〜〜〜くYouTubeで見てたキスマイBUSAIKU。

いやー、キスブサって、NEWS ZEROの裏番組なんですよ(笑)櫻井担のわたしが、キスブサをリアタイすることって、まずないじゃないですか、天下の櫻井くんが生放送してるんですよ?ZEROを差し置いて見る番組なんか、この世に存在してないんですよ。

 

そんなわたしがある夏の暑い日。クーラーの効いた部屋でゴロゴロしながら見始めたキスマイBUSAIKU。

これがまー面白くて、関連動画出てくるもの出てくるものすべて漁ってたんですよね〜〜〜〜。(これは別にわたしからしたら珍しいことではなく、関ジャニクロニクルもセクチャンもいただきハイジャンプもぜ〜〜んぶ漁った経験あります。)

 

そこで、運命の動画と出会ってしまうわけです。それが、

 

 

舞祭組罰ゲームスカイダイビング!!!

 

 

見たことのない方は、探して見てください。私同様人生変わる人、出てくるかもしれません。

 

わたしはここで、あっけなく横尾堕ちを果たすわけです★★★

よこおくんの、セスナの窓から外の景色を見る横顔。これに一発KOされたわけです。

 

(参考画像)

f:id:wtwtwtr:20170320010901p:image

 

 

なんだなんだ?この胸の高まりは、なんだこの人の横顔の美しさは、芸術じゃないのか????

映像の尺としては、2秒にも満たないものだったと思います。でもわたしはそこで見つけてしまったのです。

 

横尾渉の横顔という人類の宝を。これがもはや銀河だと言っても過言ではない、そんなよこおくんを見つけてしまったのです。(ちなみにわたしは横尾くんをひらがなでよこおくんと書きます。理由は特にないんですけど、なんとなく可愛いからです。)

 

 

それからというものの、水周りの横尾に心を奪われ、歌えない踊れない斬新すぎるアイドルよこおわたるに、完全に首ったけ状態。

こうなったらもう、愛でてお金という形で愛情を示すより他なりません。

 

なんてったって、わたしは生粋のジャニオタ。ジャニーズの仕組み、追い方については素人よりは格段に詳しいのです。

亀の甲より年の功ですね。違いますか。

とりあえずそっこーファンクラブ入会。さよなら5000円こんにちは会員証。

(超どうでもいいんですけど、キスマイの会員証ってなんであんな目がチカチカするデザインにしたんですかね???)

 

ライブDVDは秒で揃えました(デビュー5年って、、、めっちゃ揃えるの楽)

あとは、アルバムやシングルなどをこまめに買い集めている段階です。

オタクなんで、集まれるものは集めたいんですねえ〜〜。

 

 

まあ、そんな感じであっけなく担降り(わたしは同時期に同じ熱量で複数の人を応援できるタイプではないので、担降りという表現をしていますが、今でも櫻井くんは人間的にすごく好きだし尊敬してます。当たり前ですあんな人なかなかいません。ファンクラブも今年は一応更新しました)したわたしですが、よこおくんの応援はすごく気楽にできています。

 

 

なんていうか、櫻井くんが好きだった頃は、おたくの数も多く、追いかけるのに必死で疲れてた自分がいたんです。今だから言いますけど。
好きなのに、なんかいつもしんどくて、好きなのに。。。って思ってしまっていました。

 

 

それに比べ、よこおくんを応援するのは、気持ち的にとても楽。

 

まず、テレビの露出が、嵐に比べたら少なく追いやすい。追わなきゃ!という圧迫感もなく、逆にテレビに全く出ない、、、という訳でもなく。純粋に、好きという気持ちだけでおたく生活を送れています。

 

 

熱量と愛情はマックスに捧げていますが、なんか、心穏やかな毎日です。

 

ああ、こんなに楽しくタレントの応援ってできるんだな、素敵だな〜〜って思えました。

周りの人の大半は、まだわたしは櫻井くんが大好きだと思っています。よこおくんに堕ちたことは本当に仲のいい友人にしか言ってないし、今後も言うつもりはありません。

 

 

もちろん、よこおくんをデビュー前、デビュー直後から応援したかったなってものすごく思います。でも、今のよこおくんだからわたしはこんなに好きになれたんだし、このタイミングだからハマれたんだよなあ〜〜とも思うわけです。

 

舞祭組が久しぶりの新曲を出し、四年ぶりのアリーナツアーもあります。だから、これ以上、よこおわたるという銀河に気づくのが遅くなくてよかったと心から思ってはいますが。

 

 

たとえば、キスマイがデビューした2011年に戻れるとしても、わたしはきっと全力で櫻井くんの応援をしてたと思います。櫻井くんが大好きで、大好きで。そんな時間を後悔したことは一度もありません。櫻井くんには、ありがとう!と言って、お別れしたいと思います。これまでもこれからも、かっこよくて尊敬できて、大好きな櫻井くんです。

 

 

そんな感じで、わたしの場合は元担を嫌いになって降りた訳ではないんです。

これはいわば””円満担降り””と言うべきでしょうか。

 

 

ちゃっかり1月の舞祭組ハイタッチ会にも参加し(海風吹き荒れる常滑の地で、朝から4時間ほど並び、寒さで無事死亡)、ファーストコンタクトがお触りというしんどすぎる現場デビューをしました。

次はアリーナツアーです。もちろんチケット確保済みです。嵐に比べたらチケット戦争が楽で楽で、、、ありがたい。

よこおくんが見せてくれる、表情も仕草も、歌とダンスはカッコ書き程度にしておきますが、全部全部が楽しみです。

 

 

 

 

まだまだまだまだ書き足らないのですが、とりあえず今日はこの辺にしておきます。

また、更新したいと思います。

 

これは、わたしが10年以上好きだった櫻井くんから”円満担降り”して、無事よこおわたる担になったお話でした。

 

 

おしまい。